家族写真

家族写真楽しむ家族が増えたよね

ベリーベリーのカジュアルな写真を写真館のスタイルに本格的に進めたのが13年も前になりました。やり始めたのは20年くらになるのかな。まだまだカジュアルでの誕生日や家族写真なんてジャンルが世の中に浸透する前の前、その家族、その人を写したくて残したくて広めてきたカジュアルというジャンル。写真業界でもパイオニア的な存在でしたね 。たくさんの賛同を得て全国にも広まりまし。

家族写真は「10家族10色」

スタイルやポーズや色合いはどこかで同じになることが無い言わば私たち家族のオートクチュール的などこにも同じものがない家族写真を目指してみる^_^家族写真は何時も全員集まった写真だけでもない、家族の中にもそれぞれの繋がり方があるように色々な家族の組み合わせによって色とりどりの家族の温かさが良く見えることがある。
また、逆に家族写真は家族の集まる場所として写真を写す場所があれば、思春期の中、なかなか笑えないで写る事すらいい記念になるはずです。
いつかそっぽ向いていた写真の話を笑いながら話すつぎの家族がそうやって生まれて続く。

家族写真は記録の素晴らしさを暫し超えるような影響を子供達に与える事があるのかもしれないと感じる事があるらしい。
愛された証を感じる写真がもたらす物は自分が愛されるべき人だと無意識に感じさせてくれる人の愛情かもしれない。
人には勇気が必要で前に進む度に自分を信じる事が大切になるのかもしれない。
そんな人の背中を押すような力が愛情にあるならばそれを映し出す写真が飾りたい写真にならなくてはいけない。

家族とベリーベリーのスタッフと

イメージを出し合いながら一緒に創る家族写真の場面が最近は増えて来ているんです。